測定機器の信用は製造物の信用につながる

カテゴリ

トピックス

測定機器の信用は製造物の信用につながる

正確な測定のために測定器は定期的に校正しよう エンジニアとして働いている人や、ものづくりに関わる人にとって、測定機器は必要不可欠です。しかし、測定機器も定期的に校正を行わなければ、測定結果の誤差が大きくなってしまうことはご存知でしょうか?校正を行わずに機器を使い続けていると、測…

READ MORE

品質管理において測定機器は欠かせないツール

校正期限決定は校正漏れや技術継承を考慮せよ! 現在、製造メーカーに対して品質保証は高い要求がされており、検査データの信頼性を担保するため、測定機器の精度保証も重要になっています。大手企業と取引する中小企業であっても、要求されるものはISO規格に準ずるレベルとなるケースは少なくは…

READ MORE

常に正確性が求められる測定機器

測定機器の保管管理も管理担当者の重要業務! 製品品質を保証する上で、完成検査は重要な工程です。そして、完成検査で使用する測定機器は精度が保証されなければ、測定結果に信頼性が無くなります。そのため、測定機器は一定周期で測定精度を確認するため、校正を行います。ですが、校正期間中は測…

READ MORE

正確な測定のために測定器は定期的に校正しよう

エンジニアとして働いている人や、ものづくりに関わる人にとって、測定機器は必要不可欠です。しかし、測定機器も定期的に校正を行わなければ、測定結果の誤差が大きくなってしまうことはご存知でしょうか?校正を行わずに機器を使い続けていると、測定結果の信頼性は低下するため、測定機器を利用してつくった製品が標準規格を満たすことができなかったり、故障が発生しやすくなったりすることも考えられます。測定機器の品質に関係なく、どんな測定機器でも校正は必要となります。
では、具体的にはどうやって校正を行えばよいのでしょうか。機器によっては自分で校正を行うことができるものもありますが、校正のプロに任せた方が、より正確な校正を行うことができて安心です。測定器の販売元が校正サービスを提供していたり、測定器の製造元が校正サービスを提供していたりすることもあります。ただし、こういったサービスの中には納期が長くかかったり、販売から長く年数が経った機器だとサポート期間外となり、校正を断られたりすることもあります。
こういった場合は、jcssに登録された事業者に校正を依頼しましょう。jcssとは計量法校正事業者登録制度のことを指し、国が定めた基準で校正を行っていることを保証された事業者ですので、安心して校正を任せることができます。高品質なものづくりを実現するために、定期的に測定機器の校正を行い、正確な測定を心がけましょう。

測定機器は摩耗などで傷むので定期的な校正を

完成した時に設計通りの耐久性を確保するためには、作っている間にも測定によって適宜チェックしていく必要があります。製造の現場では作業者用のマニュアルによって、この時に必ず測定機器によって正常値であるのかを確認すること等の規則を定めているのが一般的です。けれども、測定機器も使っていくうちに摩耗などで誤差が生じてくるので、定期的な校正によって検査に適した状態なのかをチェックしなければいけません。
校正作業は会社としての信用を守るための行為で、測定機器の信頼性を証明することで製造物の品質が高いことを示します。測定では加工途中のものを挟む等の複雑な動作をするので、誤って地面に落下させて歪んでしまったなどの事故はよくある話です。全ての事故が品質管理の部署や上司に報告されれば良いのですが、忙しい現場では後で報告しようとしてそのまま忘れてしまう、あるいは、目視確認で異常がなかったから問題ないと自己完結してしまうケースも見られます。したがって、測定機器の校正を実施することで、それまでの期間における異常の有無を確認するのです。
大切に使用しても、可動部分が磨り減ることで誤差が出てきます。接触させて使用するから消耗していくことを理解して、費用を惜しまずに信頼できる校正業者に依頼するのがポイントです。

Copyright(C)2018 製造業に欠かせない測定機器の校正はプロのいる業者に依頼 All Rights Reserved.