校正管理に特化したソフトウェアも存在

カテゴリ

トピックス

測定機器の信用は製造物の信用につながる

正確な測定のために測定器は定期的に校正しよう エンジニアとして働いている人や、ものづくりに関わる人にとって、測定機器は必要不可欠です。しかし、測定機器も定期的に校正を行わなければ、測定結果の誤差が大きくなってしまうことはご存知でしょうか?校正を行わずに機器を使い続けていると、測…

READ MORE

品質管理において測定機器は欠かせないツール

校正期限決定は校正漏れや技術継承を考慮せよ! 現在、製造メーカーに対して品質保証は高い要求がされており、検査データの信頼性を担保するため、測定機器の精度保証も重要になっています。大手企業と取引する中小企業であっても、要求されるものはISO規格に準ずるレベルとなるケースは少なくは…

READ MORE

常に正確性が求められる測定機器

測定機器の保管管理も管理担当者の重要業務! 製品品質を保証する上で、完成検査は重要な工程です。そして、完成検査で使用する測定機器は精度が保証されなければ、測定結果に信頼性が無くなります。そのため、測定機器は一定周期で測定精度を確認するため、校正を行います。ですが、校正期間中は測…

READ MORE

測定機器の校正管理は傾向分析が重要!

測定機器の校正は、製品品質を保証する上では重要な管理項目となっています。例え、検査業務が正しく行われていたとしても、測定機器の測定精度が外れていることで検査結果は意味を持たなくなります。では、測定機器は校正を業務を定周期で行い、保証していれば良いかというと、そうではありません。
計測機器の校正業務管理を行う実行者および管理者は、校正データの集計および傾向分析を行うことが重要です。計測機器の校正結果を校正証明書で管理すれば良いものと考えがちですが、校正結果は検査を行った時点で前回の校正からの測定精度を保証するものでしかありません。つまり、校正業務を行うということは、測定精度を次の校正実施まで保証するという業務になります。
そのため、校正を実施するというだけでなく、測定結果を集計して傾向を分析して結果が管理基準を超えないかどうか見極めることが本来は重要なものとなります。紙媒体の校正証明書はあくまで外部への提出書類として管理し、結果受領後は測定機器ごとに集計リストを作成するのがおすすめです。最近では、校正管理に特化したソフトウェアも販売されており、傾向分析の管理業務を効率的に行うにはメリットがあります。

古い測定機器の校正は修理対応できる業者へ!

測定機器の寿命は意外に長いものであり、測定精度の保証が出来る限り壊れるまで使用できるものは少なくはありません。外観や機能は新しい測定機器の方が良いものの、基本的な測定原理は変わらないものは意外に多くあります。そして、社内校正が難しい計測機器の校正は外部へ依頼することになるものの、校正専門の業者はあくまで測定精度の確認しか出来ないというのが一般的です。
測定機器の精度測定は出来ても、調整や修理はメーカーや修理専門の業者でしか対応が出来ません。そこで古い測定機器を校正する場合、依頼先は修理に対応しているかチェックすることが重要です。調整や修理はメーカーが確実ではあるものの、測定機器の製造終了から数年間分の保守部品しか確保されていないのが実情です。
特殊な計測器程、修理需要も少ないため、在庫部品も少なく修理依頼の集中により短期間で修理が困難になるケースもあります。そのような場合は、測定機器の修理は同等品との交換、そして自社で校正を行う業者を選定するのがおすすめです。特に測定機器が高額で投資が出来ない会社にはメリットがあります。また、校正専門の業者に依頼し、測定精度が規格から外れ、修理調整後に再校正で二重に費用が掛からないようにすることが測定機器の管理業務では重要な項目になります。

Copyright(C)2018 製造業に欠かせない測定機器の校正はプロのいる業者に依頼 All Rights Reserved.