品質管理において測定機器は欠かせないツール

カテゴリ

トピックス

測定機器の信用は製造物の信用につながる

正確な測定のために測定器は定期的に校正しよう エンジニアとして働いている人や、ものづくりに関わる人にとって、測定機器は必要不可欠です。しかし、測定機器も定期的に校正を行わなければ、測定結果の誤差が大きくなってしまうことはご存知でしょうか?校正を行わずに機器を使い続けていると、測…

READ MORE

品質管理において測定機器は欠かせないツール

校正期限決定は校正漏れや技術継承を考慮せよ! 現在、製造メーカーに対して品質保証は高い要求がされており、検査データの信頼性を担保するため、測定機器の精度保証も重要になっています。大手企業と取引する中小企業であっても、要求されるものはISO規格に準ずるレベルとなるケースは少なくは…

READ MORE

常に正確性が求められる測定機器

測定機器の保管管理も管理担当者の重要業務! 製品品質を保証する上で、完成検査は重要な工程です。そして、完成検査で使用する測定機器は精度が保証されなければ、測定結果に信頼性が無くなります。そのため、測定機器は一定周期で測定精度を確認するため、校正を行います。ですが、校正期間中は測…

READ MORE

校正期限決定は校正漏れや技術継承を考慮せよ!

現在、製造メーカーに対して品質保証は高い要求がされており、検査データの信頼性を担保するため、測定機器の精度保証も重要になっています。大手企業と取引する中小企業であっても、要求されるものはISO規格に準ずるレベルとなるケースは少なくはありません。このような環境において、製造メーカーは製品検査に関わる全ての測定機器を校正する必要があるものの、校正のために高額な予算を確保する必要がありまう。その結果、予算を抑えるため、過去の校正データに基づいて校正周期を延長したり、校正実施期限の変更を行ってりすることは多くあります。
ですが、校正周期や実施期限の見直し変更は、校正漏れによる期限切れ、前回の校正から期間が開き技術継承が行われないというリスクがあります。例えば、同じ測定機器を2台所有しており、5年周期で同時期に校正を行う計画の場合、校正管理担当者が退職や異動する可能性が残されています。このような場合は、校正実施期限を変更して、2年もしくは3年で1台ずつ校正するようにしておくことがベストです。
また、校正期限が分かり易くなるよう測定機器に貼るラベルも色分けをするなど、校正漏れの対策も肝心です。校正管理担当者は、社内の人事異動のサイクルも考慮した業務管理が必要となるため、品質保証部門はある程度の人員を確保したり、誰もが校正業務に従事できるよう教育するのも現在では重要です。

測定機器の校正をプロに任せると責任の範囲が明確

製造物をそれぞれの工程でチェックするための測定機器は、品質管理において欠かせないツールです。しかし、もしも測定機器が知らないうちに狂っていたら、品質が確保されていないままお客様の手に渡ってしまう恐れがあります。許容範囲からの逸脱が決して許されない領域だけに、定期的な測定機器の校正によって現在の状態を正確に把握するのが鉄則です。社内で校正作業を行わせるのも1つの結論ではあるものの、品質管理をしている会社の中で実施させると信頼性に疑問が残ってしまいます。
校正を請け負っている業者では、公平な校正を行っていることを客観的に証明できる資格や団体への加入を行っているので安心して任せられます。完了後には証明書の発行をしてくれるため、いつまでが測定機器として信用できる状態だったのかを第三者にも証明できるのが大きなメリットです。
基準となる測定機器の管理から問われる話だから、常に完璧な対応をしているプロに校正を任せて責任の範囲を明確にしておきましょう。会社の内部ではコスト削減のために1つの機器を使い回す傾向にあるので、規則で定めておくだけではなく物理的に校正用の測定機器に触れられないように外部へ依頼するのが基本です。

Copyright(C)2018 製造業に欠かせない測定機器の校正はプロのいる業者に依頼 All Rights Reserved.